海の恵み

玄界灘に浮かぶ壱岐市の東部に位置する八幡浦集落は、魏志倭人伝の時代から受け継がれてきた海女漁が現在でも盛んな「海の集落」で、「海の森づくり」に力を入れており、ウニやアワビの他、昆布やワカメ、アカモクなどの海藻も豊かな集落です。

また、八幡浦集落の隣に位置する原の辻集落は、国の特別史跡として指定されている「原の辻遺跡」を中心に、太古から稲作が盛んな長崎県第二の面積の平野を中心とした「陸の集落」です。現在も、水稲の他、古代米や小麦、たまねぎ、ニンニクなどの栽培が盛んに行われています。

牡蠣風景大
内海湾の牡蠣養殖
壱岐東部海女漁
穏やかな初春の内海湾
内海湾のワカメめかぶ
DSC07705
サワラの刺身